近年のカードローン事情

昔はカードローンと言えば高金利で取り立ても厳しいというイメージでした。しかし現在はどうでしょう?消費者金融だけでなく、大手銀行や地銀・信金でさえカードローンを1つの商品としています。消費者金融でカードローンを組むと、審査は通りやすいかもしれませんが金利は高くつきます。逆に銀行で組めば審査は厳しくても金利が安いという傾向にあるみたいですね。参考→アコムで低金利キャッシング

昔は所得証明書が必須で、カードローンの枠も小さいものが多かった時代とは打って変わり、今では金額により所得証明書は不要だったり500万円までの枠が与えられたりと消費者が使いやすくなってきています。

金利も、非常に安いものも多く、返済手段もコンビニATMが利用できたりと、カードローンの汎用性は時代と共に優れていっています。銀行側も、1人当たりの金利単価を上げるよりも、分母を増やす動きなので、資金が必要な人にとってはウィンウィンの関係が出来ていっています。

お金との付き合い方

お金。生きるために必要なもの。ないと困るし、ありすぎるという事は、ないと思う。そして、現金だと、どれだけ減ったのかなど、見てすぐに、確認出来る。

しかし見えないお金。カードで買い物をすると、どれだけのお金を使ったのかすぐには、わからない。それだけでなく、ないのに、自分は、お金を持っているという、錯覚に陥る人もいる。

カードで買い物だけでなく、現金までも借りてしまう。ずっと、使ううちに、だんだん金銭感覚がずれたり、自分の生活水準以上の生活を望み、それに慣れてしまい、生活水準を落とす事が出来なくなる人もいる。返せるから、大丈夫。

そうして、返せなくなり、たくさんのものを失う事もある。逆に、上手く使いこなせる人には、便利なシステムなのかもしれない。自分の性格や、経済状況をしっかりと理解して使いこなして欲しいと思う。

カードローンうまく利用するために

数年前の事になりますが、営業業務に携わっていた時の事です、栃木銀行の営業マンが私がたまたま内勤の仕事をしていたら、会社の集金に来ていた時でした、突然、カードローンの勧誘の話をし始めて非常に便利なカードですと話してきて、上限も30万円と借り過ぎのない金額に設定してありますと、言われて、色々と話を聞いてこれは便利かなと思い、カードローンを作ることにしました。
どうしても、給料日が近くなると、お金が足りなくなることもしばしばありましたので、早速、カードローンを利用したところ、これは便利だなあと思い、ついついカードローンを使う頻度も多くなっていきました。
返済に関しては、月々、1万円でいいと言われていましたので、気楽な感覚で、ほぼ毎月のように使うようになった為、いつになっても借入残高が、ゼロになりませんでした。
金利を計算したら、年利14%とと、かなり高い事に気がつきボーナス時に一括返済してからは、考えてカードローンを使うようになりました。

自宅をリフォームしたかった

最近我が家のあらゆる箇所が老朽化により、古くなってきました。特に、お風呂場のタイルが割れたり、浴槽自体も長年の汚れなどがこびりついています。そのため、お金は掛かりますがリフォームをする事にしました。そして、業者さんと相談をしたところ、貯金額を見てもお金がかなり足りないことに気がつきました。

そのため諦めかけたのですが、妻の勧めでカードローンを使ってみることにしました。そして、カードローンを使う際はネット申し込みが出来たので、とても俊敏に対応をしてくれました。その結果、我が家の浴槽をリフォームする事が出来ました。そして、返済についても毎月の給料日に、分割で返済が出来るのでとても助かっています。そのため、このようにお金のピンチが出てきたら、一番助けになってくれるのはやはりカードローンですね。そしてこれからも私たちは、カードローンにはお世話になると思います。